第1回 : オートキャンプ場での雨天対策
雨のキャンプ場は、キャンパーにとってユウツなものです。週末の天気が雨かその可能性があると予報されると、どのキャンプ場もキャンセルが増えます。ピークシーズンに週末の天気が2週続いて悪いようだと、年間収益にも影響しかねません。キャンパーにとって雨は天敵ですが、キャンプ場にとってはそれ以上です。

でも、キャンプ場に雨でも遊べるあるいは集まれる場所があればどうでしょう? そこで子供たちは遊べるでしょう。なんと言っても日本のキャンプ場は、まだまだ子供が中心です。そこで、もう一歩進んで子供たちを集めて楽しいゲームをやったらどうでしょう。ちょっとした賞品でも出れば、ずっと盛り上がります。大人もキャンプ場へ来たら同じです。大人の遊びやゲームが準備されていたら、どんどん参加すると思います。子供は、応援!
 また、ゲームだけではなくそれぞれの自己紹介もリード次第では楽しいものになるし、自分たちだけでは出来ないキャンパー同士の交流が生まれるきっかけになります。雨のキャンプに行ったお陰で、多くのキャンプ友達が生まれることになります。キャンパーにとって、キャンプ仲間が出来るのはこの上ない喜びです。キャンプ場側は、そういったつながりをうまく使えばリピートや定着のキャンパーを作ることが出来ます。
もちろん、雨天対策の建物となるとそれなりの出費となります。しかし、そこはキャンプ場です。さまざまなアイデアで克服できるのではないでしょうか。
(全米RVパーク連盟教育担当理事 Suzanne Mark)


このジャンルのTOPへ」