アウトドア トラベルセミナー
このジャンルのTOP 次のページ
第1回:アメリカ・カナダのキャンピングカーライフ(1)

書いた人:平 井 久 雄

 海外でのオートキャンピング。オートキャンプ愛好家なら誰でも一度はやってみたいことではないですか?しかし、情報の不足や色々なバリアーがいまいち皆さんの決断に二の足を踏ませているのではないでしょうか。
 
ここでは一番バリアーの少ないアメリカ・カナダでのオートキャンプについて話をしましょう。機会があればオーストラリア・ニュージーランドも話したいと思います。
 なぜバリアーが少ないか・・・ (1)言葉が英語だけで通じる。(2)航空便が多いので料金・目的地の選択に多様性がある。(3)キャンプ人口が多いので施設が充実している。従ってレンタカーの会社も多く、レンタルが楽である。(4)道路事情が良く、標識なども日本と似ている。行く先案内も分かりやすい。等々海外キャンプ入門としては良い国です。

 ところで日本ではキャンピングカーと呼びますが、あちらではモービルホームと言いますし、そして、例えば本屋さんで関係資料を捜す場合カテゴリーはスポーツ、アウトドアではなくトラベル(旅)の所へ行って下さい。見つかりますよ。
 さて、細かい技術的なことは必要に応じて説明することにして行く先としてどの様なデスティネーションを選ぶのか話してみましょう。北米大陸は夏冬一年中楽しめるので何回でも目的地を選んで行くことができます。そして航空運賃も西海岸と東部の差額も1〜2万円位なので色々な所が考えられます。
 夏(5〜9月)ならばまず日本から一番近いバンクーバーをゲートウエイとしたカナディアンロッキーが最高ですね。バンフ、ジャスパーの間は絶景と言えるでしょう。アメリカならばイエローストーン(ワイオミング)、アーチーズ・キャニオンランズ・モニュメントバレー(ユタ)、ヨセミテ(カリフォルニア)並べ上げたら切りがありません。夏のアラスカもサーモン釣りなどダイナミックな所ですね。

 冬の行く先は南部諸州や南カリフォルニアです。アリゾナの冬もすばらしい所です。でも冬に行くならやはりフロリダでしょう。ディズニーワールドにもキャンプ場があり、宿泊代を節約できます。キャンプでのテーマパーク巡りも楽しいですよ!そして極めつけは米国最南端ヘミングウエイの町キーウエストを目指してマイアミから17マイルドライブをひたすら走る爽快感もなかなかのものです。やっぱり行く所があり過ぎてヨーロッパやオーストラリア・ニュージーランドなどと言っていられません。

次回からは具体的にデスティネーションを設定して、実際にキャンプをしながらHOW-TOと言うことでお話をしたいと思います。ところでカナダ、アメリカが出てきてメキシコが出てきませんでした。ほとんどのアメリカ、カナダのレンタル会社はカリフォルニアのデスバレーとメキシコへの立入は残念ですが禁止しています。
 どこに行っても自然と運転のルールとマナーは守りましょう!では次回!

このジャンルのTOP 次のページ